--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/17 (Thu) 函館baseライヴレポ!!

北海道函館に帰省して、こちらに戻ってきてもう6日も経つんだなぁ、、、

今回の帰省は普段より長かったせいで、このオイラに里心が芽生えてしまって困ってます。
だって、楽しかったんだもん、、、

いまいちど、自分の育った場所を見渡してみると再発見ばかり。
っていうか、忘れていたのか、見落としてきたのかその両方なんだろうけど、
「こんな所に川なんて流れてたっけ?」とか、「こんなにいい景色を見れる場所があったっけ?」などなど。
年を経て興味の対象が変わったのは確かだし
長く離れていたから見える部分もまたあるし、とにかく函館ディスカバリーな日々を過ごしてきました。

帰省の目的は今回、8才になる娘のピアノの発表会、自分のライブ、
そしてDACHAMBOでの函館ライヴを実現する為にハコの人に会って直にオイラの思いを伝える事、
そして旧友に合う事などたくさんあった。

これで毎日が充実しない訳が無い。

娘の発表会は、、、はっきり言って感動した。演奏曲目はベートーベンの「トルコ行進曲」。
音楽家として表現者として、冷静にどの観点から見ても素晴らしい演奏を聞かせてくれた。
自分の娘だからって訳じゃなく、善し悪しは判断出来る。
初舞台にもかかわらず、緊張した素振り一つ見せない。
本番強さは彼女本来の天性なのか、力強くのびやかな演奏を聴かせてくれた!


そして、その夜はオイラの発表会。
前回の帰省の時に、夜遊びしたおかげで出会う事が出来た函館で1、2を争うグッドプレイス、
cafe&bar「base」がライブの会場だ。

中学、高校時代の仲間達と連れ立って現場に赴いた。

函館でDJ及びサウンドメーカーとして君臨する「kimihenーキミヘン」が今回のオーガナイザーだ。
彼とも夜遊びを通じて知り合った。電話でのやり取りはしていたものの、実際に会うのは2度目!
当初の予定はオイラと彼のDUOだった。
彼が作ったサウンドトラックに合わせてJAMをしながら即興で音楽を作っていこうと計画していたのだが、
今夜はゲストをもう一人呼んであるとの事。
しばらくするとその彼が現れた、、、「初めまして、ベースの小山です!」
名前が「小山」でも彼の身長は193㎝、、、デカイ、、、デカすぎる、、、しかも名前とのギャップがやばいっしょ!
独創的なそのベースサウンドはオイラの好みにピッタリだ!
さすが「kimihen」、ナイス人選!

ここでさらに嬉しいサプライズが、、、
約6年もの間消息が分からなかったパーカッショニストの「OSANAI」が登場したのだ!
彼とは昔、色々な音楽の実験や、楽器作りを共にした。オイラの良い所も、悪い所も全て知っている。
年下なのだが、肝っ玉がすわっていて頼りになるイイ男だ!今も昔もたいして変わらないけど、
メチャクチャなオイラを支えてくれた。随分とお世話になったっけ、、、
いま彼は地元関東を離れ、函館から約3時間の所にある、とある町に移住したのだと言う、、、
今夜オイラがここで演奏する事を聞きつけてわざわざ遠方から訪ねてきてくれたのだ、、、

全く予想していなかったから驚いたし、嬉しすぎるっしょ!

「なになに~みんなしてオイラを泣かせに掛かっているんじゃないの?」

こうなったらみんなで音を出そうぜ~となり、
彼にカホンを持ってこさせてメンバーは2人から一気に4人になった!

リハーサルは絶好調!オイラのボルテージは上がりまくり、それに比例して酒の量も上がりまくる、、、
kimihenのイカしたトラックに、小山のエフェクトがガンガン効いたぶっ飛びベースが絡みあう。
オイラとOSANAIのゴールデンコンビのグルーヴがボトムを支える、、、
おいおい、君たち楽しすぎるっしょ!
「マスター、ラム・ロックおかわり~大盛りで!」

先月ハーベスタで出店していただいた「函館牛乳」の面々も来てくれた。
牛乳をトラックに積み込み、海を渡り、はるばる長野まで来てくれた。
男気溢れる彼らの応援を全身に感じながら、本番がスタートした。
(当日のレポが函館牛乳ブログでもアップされています。感謝!
http://www.e-milk.co.jp/blog/?p=1287)

好調、好調、絶好調~~~!

お客さんの入りも絶好調!
こんなに函館に若人がいたなんて、、、みんな今までどこに居たの~?
なかには遠く小樽から駆けつけてくれた人も、、、ハーベスタにも来てくれてたね!

はっきり言おう、ブチアガリだった。
仕舞いにオイラはkimihen、小山、OSANAIに演奏を続けてもらい、
歌うは、踊り出すは、発狂してしまったんじゃないか?と思われても仕方の無いほどの
異常な盛り上がりを見せてしまった、、、(恥)

お客さんの温かい気持ちが演奏者みんなにも伝わったのか、
これ以上無いと思われる素晴らしいプレイが繰り広げられた。
初めて音を出すのに、何?この一体感、、、

あの晩、聴きにきてくれた全てのひとに感謝!
そして素敵な空間を提供してくれた「base」のケンスケありがとう!

もう一人忘れてはいけないのがMonksのマスター、レジェンド龍介にもありがとう!
彼は函館のカリスマといわれるミュージシャン。
ベース、ギター、歌などその才能は多岐にわたる。またセッションしよう!

函館最終日にもMonksお邪魔して、kimihen、龍介とJAMをして録音もした、、、
この時の音源が皆さんの耳に届くのはいつになるかは不明だが、
とてもリラックスした良い時間を与えてくれて感謝している。

そんな感じで、またかなり長くなってしまったけど
「熱狂のライブ イン 函館」のレポを締めたいと思います。

SN3R0006.jpg
baseにてリハ中の様子。


次回函館に行く時はDACHAMBOとYAOAOを連れていきたいと思っているので、その際は是非遊びに来てね!

函館愛してるぜ~ヤーマン

【base(ベース) DESIGN/CAFE&BAR】
http://basebase.org/



追伸
はこだて国際民俗芸術祭(WMDF) http://wmdf.org/
こんなの見つけた!おいらもバラフォンで出たいぞ~!呼んでくれ~!!

日常 |


2011/06/13 (Mon) 不眠症....!?

 何年か前から定期的に入るこの状態。
今回の火付け役は、毎週木曜日のpm21:00からBS NHKプレミアムやっている
「Amazing Voice」という番組のスペシャル企画を見たときから始まった。
(普段は1時間番組ですが、この日は特番だったから2時間でしたよ~)
番組タイトルの通り、毎週世界各地の素敵な声をもつ民族、人に焦点をあてて、
その文化や時代背景などを紹介する内容となっている。

オイラがやられたのは、台湾少数民族「ブヌン族」の『アワの豊作を祈る歌』。
13人の男たちが、楽器などの伴奏なしに、合唱=声のみで表現するというもの。
心が一つになるように互いに腕と手を組み合わせ、円陣で歌うその歌声は、
「四部合唱」=4つの音であるにもかかわらず、倍音が倍音をよんで、複雑に絡み合う。
それは4つの音以上に聞こえる事から「ブヌン八部合唱」と呼ばれている。
(ちなみにブヌン族の慣習(?)で、合唱に女性は参加できないそうです)

2011061321300000.jpg
今回は特番らしい企画で、日本のスタジオに彼らを招待してそこで歌ってもらうというもの。
何より羨ましかったのは、彼らの円陣の中央に、司会の藤井フミヤさん・元ちとせさんが立ち、
彼らの歌声を一身に浴びるという、なんともまぁ贅沢すぎる演出!!

110613_201016.jpg
「いいなぁ、オイラも浴びて~っす、そこに行きてぇっす~!」

2011061321310000.jpg
なんて思っていたのもつかの間....
そのなんとも限りなく球体に近い歌声に、
オイラの何処かが緩んじゃったんだなぁ。というより、ダム決壊!
開きまくっちゃって涙は出まくるし、ハナミズの量もハンパねぇし、鳥肌は収まらないし、
自分でも異常なくらい覚醒してしまった。

番組が終わっても、まだ身体がゾクゾクしている。ハナミズの量もハンパねぇ。
でも、めちゃくちゃスッキリしている。身体の毒が全て出きった感じなんだよな。
そう、例えるなら「ミストサウナ」にゆっくりはいって、
体中の毛穴から汗を絞り出したような、高級デトックス感でしかも多幸感。
もう、一滴の汗も毒も出ねぇ!…みたいな。
まぁ、例えになったかどうかは別として、とにかくオイラの中に強烈なインパクトを残してくれた。

「いったい今のはどういうこっちゃ?」

これは再度見てもその時うけた感動を味わえるのか?
それを確認したくて、録画しておいたので再生してみる…。

二度目にも関わらず.....ハナミズの....ハンパねぇ....。
そう、そのときから始まっちゃったんだよ。不眠症......

アタマの中であの歌声が鳴り響いて止まらない。
気がつくと朝になってて、そのまま昼も夜も歌声でアタマがいっぱいになる。
こうなったら持久戦である。いつもならそのような現象が起きたら、
アタマの中で鳴っているその元の音源をもう一度聞く等の処置を取る。
こうすれば大体は止んでくれるから、いざというときの特効薬なんだけど、
今回はまったく効き目がない。聞いてしまうとむしろそれが増長されて、
更にアタマに鳴り響く....しっかし止まらんなぁ。

寝れない日が約3日続いた.... その間の生産性のない事と言ったらないな。
もう寝ないでいい身体になっちゃったのか、「ぼ~っ」としている割にはテンションは高め。
明らかに出ちゃってる脳内麻薬。
アドレナリンが「チューっ」てなくらい分泌しちゃってるんだろうな。

そんなか、昨夜はDACHAMBOのリハーサルがあった。
不眠のなか、さすがにリハで疲れたので、今夜こそ寝られるであろう.....と帰宅。

が、しかし!
あれれれ?東の空が白々とし始めてきちゃったよ~なんだか感じ悪ぃな。
しかもまた朝になっちゃったじゃんよ!
オイラの体調が良いにしろ悪いにしろ、地球は規則ただしく動いている。
こりゃ、今日もまた不眠か.....となんだかキツくなってきたので、
いよいよオイラの守護神にご登場願った。

ご存知のかたも多いかもしれないが、
なんつってもオイラのバックには「八百万の神(ヤオヨロズノカミ)」がついている。

相談に乗ってもらう議題はただひとつ。「眠りにつきたい」.....

もうこうなったら、最近ご無沙汰していたが、
ギリシャ神話に出てくる「バッカス」なる酒の神さんも、ついでにお越しいただいた。
やはり神頼みやーまん!おいらの気持ちを察してか、目の前に「ラム酒」「ウィスキー」「ジン」。
二人に勧められるままにガバガバそれぞれを呑み干した。
…おかげさまで「気絶」という名の睡眠を勝ち取ったとさ。

カミサマに頼らないで普通に寝たいな......


ま、それはともかく、このAmazingVoiceミュージシャンならずとも、おすすめします。
民族音楽に限らず、幅広く世界の「声/唄」を網羅している番組なので、
先入観なく楽しく観れると思うよ。
人間、くだらないこともたくさんするけれども、やはり人間は素晴らしい。

世界中の政治家の皆さんも是非!自分の国の唄を思い出してください!
この人間の創りだした素晴らしい「芸術」こそ、廃れることのない文化・文明。
つまんない権力争いや情報操作のために、大声で嘘ついてのどを枯らしてるあんたたち、
みっともねぇな。どうせなら愛を歌って、のどを枯らしてみせろよ。
ひとつ教えてやろうか?歌は、本来、親愛や自然への畏怖などを表現する手段なんだよね。
とっとと気づかねえと、あんたたちが手遅れになっちゃうよ。
政治家として"本質"を知らないのに、人や国をどうのこうのできないよ!
ま、それはともかく、このAmazingVoice、ミュージシャンはもちろん、
音楽好きのひとも、音楽がさして好きでないひとも、おすすめです!
民族音楽以外も幅広く網羅しているので、新しい出会いがありますよ~!



や~まん!!

PS.
 オイラじつは6/4が誕生日だったんだけど、6/5に奇跡のライブがありました!
        いっておくけど、オイラは作家さんじゃないんで
        レポとか消化しないと書く事ができません。気長にお待ちを!
        次回はJAZZな話をしちゃおうかな?
        すごく素敵な人たちとの出会の物語を期待しててね~
                                                                                               ヤーマン

日常 |


2011/03/27 (Sun) 創作活動…

all.jpg
今日はレコーディングしました。
おいら・KAKUEI・悠とで、今の3人の思いを音にこめました。
いい曲できてます。うまくいけば、3/31のライヴでお披露目できるかも。


yu.jpg
悠のリラ(竪琴)、いい音してんなぁ~。


kakuei.jpg
KAKEIが演奏してるスチールパンは、南の島トリニダードの楽器。
ドラム缶を加工したものなんだよ。しびれます!


yaohome.jpg
今日もいい響きをしてくれました、アイロフォン!
アイロフォン、調子いいな~。

どんな曲が出来るか、お楽しみに。や~まん!

日常 |


2011/02/19 (Sat) 函館

知ってる人も知らない人もいると思うが、オイラは北海道函館出身である。
北海道といえば「自然豊かで海産物も豊富、そして酪農も盛ん」というイメージがあると思うけど、
まさにその通りで人の数より牛さんの方が沢山いる地域もあるくらいだ。

そんな函館市民の健康を支えてきた牛乳メーカーがある。その名も「函館牛乳」。


内地(北海道民は本州の事をナイチという)の人には馴染みがないかもしれないが、
1973年の創業以来、常にクオリティーの高い製品を提供し続ける真面目で実直な会社である。
かく言うオイラも子供の頃からず~っとこれを飲んで育ってきた。
おかげで、ある一カ所(ナイショ!)を除いては今まで骨折をした事がない。

そんな函館の顔ともいえるこの会社...
常にその現状に甘んじる事なく今も進化を続けている。
そしてまた次に進む為に、「原点に立ち返れる」という懐の深さも勇気もけして忘れてはいない。
オイラが思うに、もの作りとはまた新しいものを作り出す為に創造と破戒を繰り返し行うということ。
誤解を招くことを恐れない勇気だと思うし、それが感動に繋がって行くんだと信じている。

函館酪農公社LABO」は函館牛乳の原点回帰の為に設立された新しい試み。
実はオイラ、この企画者である小嶋氏から
「YAOさんのバラフォンで音楽製作をして欲しい」と話をもらったのだ。

そして今回、音楽を作るにあたってそのイメージが少しでも「音」に繋がればとのご配慮により、
実際に「函館酪農公社」さんへ伺って、今までの経緯、工場の見学、
牧場主さんなどにお会いする機会をいただいた。
常務取締役の金子さん、工場を案内して隅々まで詳しく説明してくれた若きホープ澤田君、
この話をくれた小嶋氏に感謝!
いただいたイメージを膨らませていい作品を作らさせていただきます!

ちなみに現在、二子多摩川の高島屋さんにて函館牛乳の出店があります。 美味しいヨーグルトや絶品チーズが揃っているので、お近くの方は是非!


LABO_1.jpg
函館酪農公社会議室にて、金子常務と澤田くん。

LABO_2.jpg

LABO_3.jpg

LABO_4.jpg  LABO_5.jpg
函館金森倉庫にあるジェラート「ミルキッシモ」もfrom函館牛乳!!


LABO_6.jpg  LABO_7.jpg  LABO_8.jpg
工場見学に続き、牧場見学。


LABO_13.jpg  LABO_10.jpg  LABO_11.jpg   LABO_12.jpg
牧場主の金子さん手作りの「牛乳豆腐(?)」でおもてなしを受けました(感謝!)。
熱した牛乳にお酢をいれて撹拌すると、凝固して牛乳豆腐になる!!
醤油をかけていただくと美味~!!市販の牛乳でも作れるので試してみてね。


 *****

おまけ
UOMASA1.jpg  UOMASA2.jpg
函館牛乳や金子常務に縁ある居酒屋魚まささんにて親睦会。


SHARES.jpg  UOMASA3.jpg
小嶋氏ご推薦のバーシェアーズヒシイにて。悦。

日常 |


2011/01/08 (Sat) 明けましておめでとうございます!

早くも8日ですが、
改めまして本年もよろしくおねがいします。

年末のラストスパートが原因か、なんだか咳が止まらないなぁ。
それだけ皆さんに遊んでもらったって事ですね。

今年は、昨年残してしまった課題を
まずやっつけてしまおうと奮闘しています。
バラフォンのエレクトリック・バージョンにいよいよ着手した訳です。
色々試行錯誤して、色々想像してようやく
これが良いかも~というやり方が見えてきました。

まだ完成していないから何とも言えないけど
キーワードは「埋める」ってこと。
これが実現したらかなり革命的なんだけど...
カモン!電気バラフォン!

でも、机上の空論っていざ形にしようと
すると思わぬ所でガ~ン!!って痛い思いをするんだけど
これもまたイイ勉強になったりするんだよなぁ。
だってこんな馬鹿げている事を考えるのってオイラ位のもんだし、
バカじゃないと考えつかない事もあるんだからさ。
何とか早急に実現させて早く皆さんに聞いてもらいたいですな。

でも前例がまったくないから、
参考にするモノがなにひとつ無い...
失敗したらそれもそれでお知らせします。

とにかく、毎日
アーでもないコーでもないって感じで実験君してます。
忙しくなる前に、何とかして~な!

忙しくなるといえば、
今月末は毎年恒例DACHAMBOの新年会があるぞ~!
なんといっても、今年は
オイラ達メンバーが出会って10年の節目の年になります。


 ◆◇◆◇◆


0130_convert_20110108233049.jpg
A 10TION
-DACHAMBO 2011 NEW YEAR PARTY-
2011.01.30 (SUN) 新宿LOFT(TOKYO)

■ OPEN / START:16:20

■ LIVE Dachambo 2set + α

■ SPECIAL GUEST MUSICIAN 
佐藤タイジ(THEATRE BROOK / The SunPaulo)
城南海 and more...

■ LIVE PAINTING gravity free

■ VJ&LIGHT SHOW OVERHEADS, URACHAN

■ チケット ADV 3500yen+1D / DOOR 4200yen+1D
  プレミアムチケット(オリジナルデザイン)あり
Dachambo Official SHOP にて承ってます。
数に限りがございます。お早めにどうぞ。
○各種プレイガイドでもチケットの取り扱いが始まりました。(12/10)
・チケットぴあ 0570-02-9999 http://t.pia.jp (Pコード:125-890)
・ローソンチケット 0570-084-003 ( Lコード:73076)
・イープラス http://eplus.jp
・GAN-BAN 03-3477-5701 (店頭販売のみ)
・新宿 LOFT 03-5272-0382(店頭販売のみ)


 ◆◇◆◇◆


10年...これって凄いことだと思うんだよ。
色々な場所で、それぞれが違う音楽を追い続けていた時に
ばっくり何かがハマったって事なんだろうな。
音楽だけじゃないメンバー間の「繋がり」を実感させてくれたのも、
「バンド」ってもんを教えてくれたのもツアーも...
ライブの最中に音のピークがやってきて
(音だけじゃなくオレの体調不良の時もあるけどね!)
これが凄くて、冗談抜きで「オレ死ぬかも...」って
マジで感じさせてくれたのも全て「DACHAMBO」だった。
「だった」って過去形を使ったのは、まぁ10年の節目だから。
なんだかんだ言ってもやっぱり好きなんだな「DACHAMBO」。

っつー事で皆さんお誘い合わせの上、是非!




110101_073754.jpg
写真は元旦グラスルーツの屋上にて。

日常 |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。