--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/15 (Wed) 横浜サムズでのソロ納め

昨夜めちゃくちゃ楽しい感じで幕をおろしました~
よしうらけんじ君、辻コースケ君、のいつものメンバーに加え、
今回はサヨコオトナラなどで活躍するジャンベマスター、奈良大介さんという豪華な顔ぶれ!

スタートは奈良さんの愛情たっぷりなジャンベからスタート。
いや、すごくピュアな心地のいいボリューム感、
パフォーマンスも素敵で、ジャンベを首からさげ客席までおりて
各テーブル席のお客さんに向けてソロを披露!たまりません...
歌も良かったし、2番手のオイラも自然に気合いが入る。

今回のオイラのソロは、作ってから久しく使っていなかった
「アイロフォン」の初期バージョンからスタート。
意識は全くしていなかったけど、サウンドチェックの時に辻コースケ君が
「YAOさんもしかしてクリスマスシーズンだから今回それを使うの?」と言うくらい、
この時期のアイロフォンの音色はまさに神さまに捧げる為の楽器に聞こえる。
PAアラカネがかけてくれたディレイで、
ゆっくりと「いち音いち音」その荘厳な音色と戯れながら即興で曲を作って行く。
この日の為に全体の流れを計算しておいて良かったっす。

そして楽器紹介、木のバラフォンと、ドラムセットを組み合わせて
ひとりバラフォンバンドと繋がって行って、今までになかった感じの展開になりました。
評判もよく、また今後のソロの糧になりそうな収穫のある時間を作れたと自負しています。

3番手のよしうらくんは最近ソロアルバムを発表したそうで気合い充分!
相変わらず端正なプレイを聞かせてくれました。
自分でプログラムした曲も完成度高かったなぁ。
CDジャケットもカッコいいからチェックしてみて~

ラスト、辻コースケくんは男節全開!
8本のコンガ、ジャンベ類の太鼓を素手でとにかく叩く叩く叩く!
自分で言ってたけどそのサウンドはまさに「低音地獄」。
でも全体の流れが良く、ちょうどいい時にこのサウンドが来たので
会場の温度が一気に上がって良かったな。

最後は4人の超絶パーカッションセッション!
音がうねって汗がどっと吹き出してきた。
カモ~~~~~ン!!!!!
色々な方向に転がるリズム。姿は見えないはずの妖精たちが見えたような気がした。

やっぱり打楽器は楽しい。

エンディングもばっちりキマったし文句なしでしょう!
極上の時間をリスペクトしている皆さんとともに過ごせた事を、
このイベントを企画してくれているサムズアップのマサに感謝したい。
(彼曰く、「オレがこの店にいる限りこのイベントは終わらせない!」そうだ)
お客さんもだいぶ入ってきてるし、今まで来たことのない人達は
今後要チェックのイベントになりそうですぜ!

ものすごい収穫があったし、今後の課題も見えた今回のイベント!
次回開催は来年の3月くらいになりそうです。
今後ともお見逃しのないように~これを見ないとマジでもったいないよ!

                                  ヤーマン

ライブ |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。