--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/08 (Wed) さぼってたわけじゃないよ

ライヴがない日は、毎日、職人のように仕事をしていました。
ブログを書くのも忘れるほど、毎日作業、作業、作業…

そして夏休みの宿題もようやくカタチになりました。
もうボロフォンなんて言わせない!

(※ボロフォンとは…
とある廃校で出会ったボッロボロのバラフォン。
大事な鍵盤がひとつ消息不明で、
おまけにひょうたんは割れたり欠けたりして
ガムテープやばんそうこうが貼られていたうえに
なかには虫の死骸やゴミが…。
ほこりまみれのあわれな姿を見るに見かねて
YAOバラフォン病院に緊急入院させたかわいそうな子)

オレの手にかかれば
おじいさんがおばあさんにおばあさんがおじいさんに、
いや、青春まっただ中のあんちくしょうに生まれ変わりました!
間違いない!完璧だ!
入院期間中は、彼からかなりな災難にもあわされました…。 ある時は火だるまに、ある時は顔面打撲・唇を切るなど
彼のフラストレーションは全てオレに向けられて…。
でも、もう完璧でしょう!完璧な姿がこれだ!
1、2、3!!!

bolofon_1.jpgこのひょうたんが(わけわかんねぇ!)

bolofon_2.jpg破片をひとつひとつ集め(まるでジグソーパズルだな)

bolofon_3.jpgほこりまみれのひょうたんをひとつひとつ洗い

bolofon_4.jpg原色をとりもどす!(あれ、ふつうの茶色じゃねぇか)

bolofon_5.jpg一昼夜、外気で乾燥。

~~~!手術過程は企業秘密!~~~

bolofon_6.jpgそして、ようやくできました!

bolofon_7.jpg

bolofon_8.jpg割れたひょうたんもなんのその!

アフリカの忠実に再現した、まさにブラックYAOジャック!!


次回は三重の友人からオーダーされた15鍵盤バラフォン完成間近の様子をUPします。
乞うご期待!


ライヴもcome on!!

 ◆◇◆◇◆◇◆

12/14 tue
『RHYTHM OF THE EARTH vol.4』
@横浜サムズアップ

■OPEN18:30/START19:30

■ADV2,000yen/DOOR2,500yen

■辻コースケ/よしうらけんじ/松本"YAO"善行/奈良大介

■横浜サムズアップ 横浜市西区南幸2-1-22 相鉄Movil3F
Tel:045-314-8705
http://www.stovesyokohama.com/thumbs/
(JR・京急・東急・相鉄・市営地下鉄線横浜駅から徒歩5分。
THUMBS UPへは横浜駅「みなみ連絡通路・西口出口(みなみ西口)」を
利用すると便利です。 中央西口を出られた場合には、
市営地下鉄線横浜駅、相鉄線横浜駅方面へお進みください。
相鉄ジョイナス(ショッピング・ビル)内を抜けて、
繁華街に出たら「西口五番街」を直進、
突き当たりの川を渡る歩道橋を渡ると直接相鉄ムービル 2Fに入ります。)

ライブ情報 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。