--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/04/15 (Mon) 果てしない戦い.......

楽器を設計からパーツの一つ一つを吟味しながら作って行く...誰の指南も受けないでオリジナルを作る...。
これは一言で言うと簡単に思えるよね?
でも、身近にあるモノをよ〜く見てごらん。そこにあるそれも、これも...
そこにあるのは誰かの脳みその中身なんだよ。
もし君が楽器奏者だとしたら、その楽器は誰かが膨大な時間を割いてアタマにある物を具現化した産物だ。
神が作った物じゃない。明らかに人間がなにかしらの目的の為に造り上げたモノなんだ。

モノを作る...

これは並大抵の想像力じゃ出来ないんだよ。まして誰も作ったことのないものはお手本がない。
現存しているものを作るのは簡単だ。調べればいいんだからね。
今の時代、ネットで調べれば大抵のことは手に入るだろ?
でも、そこには想像力は必要ない。

それを作っても所詮二番煎じだ。

そんなので調べても出てこないのがオリジナルだ。

「モノ作り?そんなの簡単だよ、俺にも、私にも出来る」...もし君がそう思うのなら、君が思い描く独自の楽器や 音や道具を具体的に紙に書いてみてほしい。

それの寸法やどのように音が出るのか?どのように使うのか?
どうだい、イメージ出来たかな?具体的に紙には書けたかな?

書けた人はそれをすぐに形にすることをお薦めする!
出来ない人は、現在あるモノを上手に使いこなす事に集中してくれ。
そして今オイラは創造...(想像?)のまっただ中にいる。

脳はいつもフル回転で、夜中でも朝方でも寝起きでも、次のアイデアを常に探し形にしようとしている。

酒なんか飲んでる場合じゃないし、これは多分オイラが死ぬまで続く事なんだろう。

これが出来ても次、また次と果てしない想像の旅が続いていく。

演奏するのもこれと一緒だ。終わり無い旅...

でも、やっぱり好きなんだな。

二足のわらじを履こうと決めたからには良い物を作りたい。
そう考えてる今日この頃!

ヤーマン!!

製作日誌 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。