--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/19 (Sat) 11/19,11/20沖縄ライヴ!!

南に行きます!雨は大丈夫なのか!?!?

沖縄近辺のひとはぜひ~。
ヤーマン!!


 ◆◇◆◇◆


2011.11.19(SAT)
柏屋JAM

■OPEN 18:00
■START 20:00
■CHARGE 980yen + one drink

■ライヴ:YAOAO  + Dachambo
JAMBAND「DACHAMBO(ダチャンボ)」のグルグルギターAOと
アフロデリックパーカッションYAOの二人からなるアコースティックユニット。
普段DACHAMBO内では表現することのない言葉とメロディーを綴り、
歌を中心にフォーク、ブルーグラス、カントリーからレゲエ、演歌、歌謡曲まで、
雑食貪欲リラックスLIVEは演奏場所も聞く人も選ばず、
居合わせた人達をほっこり暖かい気持ちにさせてくれる。

■柏屋食堂 
那覇市松尾2-11-22 
098-869-8833
(浮島通り、海邦銀行斜め向かいにある、オレンジと茶色の看板が目印です。)

■柏屋HP
http://www.88smile.com/kasiwaya/top/mu_zhi_gong_she_shi_chang_jinkunogesutohausu_bai_wu_chong_na_ba_gesutohausu_1500_an_su_Guest_House_Kasiwaya.html

■柏谷ブログ(ライヴ詳細)
http://kasiwaya.ti-da.net/e3240976.html


 ◆◇◆◇◆


2011.11.20(sun)
残波JAM
http://zanpajam.org/

沖縄県本島中部に広がる天然リーフに囲まれた残波ビーチにて、
音楽と自然とアートが融合する野外フェスティバル「残波JAM」を開催します。
神代の昔から地元・読谷で大切に守られてきた残波ビーチにて、
圧倒的なグルーヴを刻むLIVEや魂のビートを紡ぐDJセット、
そして情熱的なライブペイントや光のアートワークを準備してお待ちしています。
今年最後のアウトドアをここ、沖縄の読谷で。
最後の夏を「残波JAM」で。最高にトロピカルなパーティをいっしょに楽しみましょう!

ADV 3,500yen / DOOR 4,000yen
■LIVE Dachambo / (仮)ALBATRUS / LEVEL7 / ROOTS ALIVE / MAJESTICS / ナオキ屋
■DJ'S HIKARU / SHINKICHI / FRAN-KEY / ALAKI
■LIVE PAINTING MICHINORI MARU / DRAGON76 / POKKE104
■ART WORK 荘司剛 / KEISUKE
■VJ SAKKAKU

■沖縄県中頭郡読谷村字宇座1922
営業時間 : 11:00~21:00
電話:098-958-3833

■車でお越しの方へ
那覇空港から車で…
高速利用時:那覇IC→沖縄南IC→国道58号線を経由して約1時間
一般道のみ:国道58号線を利用して約1時間
最寄の沖縄南ICから国道58号線を利用し約30分

ライブ情報 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。