--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/11/17 (Thu) 伝説のバラフォニスト カクラバ・ロビ!

オイラに嬉しい仕事が舞い込んだ!
どんな仕事か、その話のまえに、ひとつ昔話を。


彼のCDを初めて聴いた時の衝撃は忘れられない。
確か20代中頃だったかな、、、
アントキノオイラは聴いたことのない音楽を常に欲していた。

当時はターンテーブルを持っていたので、古いレコードの名盤なるものも結構持っていた。
オーネット・コールマン、ドン・チェリーとかフリージャズのCDを買い漁ったり、
ワールドミュージックにハマっていったのもこの頃かな、、、
ポリリズム過ぎて、コピーするにも聞き取ることが全く出来なかった「コンゴ」の
フィールドレコーディングのLPも思い出深いな。

そんななかに、JVC(世界の民族音楽を扱っているレーベル)から出ていた
カクラバ・ロビ氏「超絶のコギリ」というアルバムがあった。
バラフォンというアフリカの木琴を知ったのもこのアルバムだ。
自ら制作したバラフォン(現地名ではコギリと呼ぶ)で奏でられるその音楽は、
驚きのテクニック!見事というか、まさに超絶技巧!

当時のオイラは、楽器は楽器屋で買うものであって自分で作るモンじゃない、
と思っていたから、その衝撃といったらなかった。
しかも何だ?この音、、、ビリビリと心地よく身体に訴えかけてくるじゃん!
それ以来、彼のことが大好きになったし、この楽器のことをもっと知りたくなった。

こりゃ実際に現地で体感しなきゃ、、、
と思い立ち、アフリカでの打楽器修行の旅を決意した。

アフリカのガーナ滞在中、
「バラフォンの凄い人を見てみたい!」と友だちのミュージシャンに話したところ 「イイ所に連れて行ってあげる」と誘われ、
首都アクラからバスに乗り、「ココビテ」というリゾートビーチに連れて行ってもらった。

「ムスタファ・アディ」という太鼓の達人率いる集団のライブに、
その「バラフォンの凄い人」が入って演奏するとのこと。
そこに現れたのはあのCDのカクラバ・ロビ、、、その人だった、、、

ショウが終わって、ミュージシャンの友だちと彼に会いに行った。
神様に会えたオイラはもう緊張のあまりプルプルしちゃって、、、何が何だか、、、

そんな彼も今はこの世にいない、、、本当の神様になってしまって久しくなるな、、、
彼から受けた衝撃の余波は、今も消える事無くオイラのなかに響いていて、
だから、この素晴らしい文化、この楽器を
オイラのやりかたで日本に伝えていきたいと思って今に至るわけだ。

そんな敬愛するカクラバ・ロビ氏が生前に制作したバラフォンを
この度、修理、調律することになったのだ!

IMG_1118.jpg

こんなチャンスはなかなか無い、、、名誉なことだし嬉しい限りだ。
心して作業させていただきます。そして、あなたの魂をこの世に伝える為に尽力します!

IMG_1120.jpg
今回の依頼主ダイスケ。素晴らしい仕事をありがとう!


ヤーマン!!

バラフォン |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。