--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/05 (Wed) DACHAMBOハーベスタ開催間近!

HERBESTAfes開催にむけて、先日我が家で作業&ミーティングが行われた。
駐車券発送準備、出店していただく皆さんに連絡など、
音楽以外の事務仕事が山ほどある。

楽しんでやるにしては業務量が多すぎる。
肩なんか滅多に凝らないオイラが肩こりするんだから、
余程のことだと想像していただきたい。

出店管理を担当しているオイラが、
各出店者さんたちと電話していてよく言われるのは
「本当にメンバーで運営してるんですね!」ということ。
勿論メンバー以外にも、お手伝いをしてくれているスタッフもいるが、
本当にそうなんです。やっています、コツコツと。

駐車券まだの方はお早めに購入された方がいいな。
残り100枚を切りあとわずかになってしまいました。

今回出店いただく飲食店で特に嬉しいのは、「函館牛乳」だ!
以前ブログにも書いたけど、ここの音楽を依頼されて以来のお付き合い。
オイラは「函館牛乳」を飲んで育ってきた。
生まれてこのかた一度も骨折しないで来れたのは、
この牛乳のおかげだと思っている。
その「函館牛乳」が今回ハーベスタに駆けつけてくれる!
メニューはまだ秘密だけど、きっと心も身体も温めてくれる商品を
「北海道」から「こだまの森」まで届けてくれるはずだ!
みなさんどうぞお楽しみに~。

ちなみに「DACHANBO」村で恒例になっている物販エリア。
「サイケデリック横丁」「サイケデリック銀座」と年々拡張してきましたが、
今年はビッグフェスにふさわしく、更なる規模拡大を計画しています。
色々なアイデアを凝らした雑貨、洋服などが目白押し!
お小遣い多めに持ってきて、いっぱいお買い物してね~!

IMG_0860.jpg
駐車券を制作しながら電話対応するの巻!頑張るOMIちゃん。

IMG_0862.jpg
封筒にチャンボスハンコを押しながら電話対応するアナログなオイラ。


IMG_0863.jpg
ミーティングしながらも作業は続く。

IMG_0866.jpg
書類が散乱!

IMG_0869.jpg
入力するデジタルEIJI

IMG_0872.jpg
もはや我が家はDACHAMBOオフィス.......ヤーマン

未分類 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。