--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/26 (Fri) そうだ〜やっぱバラフォンにしよう!

明日から北海道の函館に行く。
今回の帰省は、娘のピアノの発表会と、バレエの発表会を観に行くっていう楽しみもあるのだが、
昨年お世話になった皆さんに会うのも楽しみのひとつ!
せっかくの帰省ライブだから、カホンをやめてバラフォン持って行く事にしました〜!
普段使っているバラフォンはさすがにデカイので、コートジボワール産の小型15鍵盤を担いで行こうと思う。
是非、函館baseへお越し下さい〜
ヤーマン

スポンサーサイト

未分類 |


2012/10/24 (Wed) 函館行くよ〜

北海道の皆さんご無沙汰しています〜
今月末28日、オイラの地元函館にてライブします〜
場所は昨年お世話になったbaseです。
ここは函館のお洒落スポット!雰囲気も抜群だし、お酒も美味いね〜
前回もそうだったけど、今回もカホンでやりますよ〜
ほんとはドラムとか、バラフォンでやりたいんだけど、それは楽しみにとっておいて下さい。
いつかガン叩きに行くからね!! 今回も安心のメンバー、ゲストでお届けします〜お 次の日は平日だけど遊びましょ〜

ライブ |


2012/10/23 (Tue) 静岡ありがと〜みんな最高っす!!

T.C.Mの初遠征ライブ、お客さんが外に溢れ出るくらい大盛況のうち幕を下ろしました!
すげーぜ静岡!!
「インド料理ジャンギール」、ここはこれから静岡の新名所になりそうだな。
バイキング形式でインド人が作る本格カレーとナンに舌鼓を打ちながら音楽を聞く!
こんな贅沢な時間はまずないな〜。

実はオイラ、普段ライブの前はあまり食事を摂らない。
胃に物が入ってる状態では頭の回転や集中力も低下するし、
演奏中にゲップとかするといきなり現実に引き戻されるし、
せっかくの音の時間が台無しになると感じてしまうからだ。
まぁ、ライブ前に食わないとダメって人もいるし。人にもよるね。
オイラ、食わない代わりに酒はバカみたいに呑むけどなw。

そんなだから前回ジャンギールにお邪魔したときは、
味見程度しかカレー食べれなかったし、ライブが終わったらカレーが終わってた、、、
って、かなり残念な感じだったので、今回はイレギュラーでライブ前にいただきました〜
話には聞いていたし、前回ちょっと味見をしてはいたけど、聞きしに勝るウマさ!
カレーはチキン、キーマ、ベジタブルの3種類とナンがこれまた美味い!
いや、冗談抜きで美味でした!

「インド料理ジャンギール」
http://www.at-s.com/gourmet/detail/1315.html

以前オイラも「カレーとバラフォンの夕べ」ってイベントやった事があるな〜それも2回!
勿論オイラがカレーを作ってライブもするんだけど、
20〜40人前を作るってかなりの重労働だし、ライブもしないといけないし、
音と味のジャッジも受けなければならないし、気の休まる時が無くてねw

ほぼ嫌いな人がいないカレーと音楽のコラボレーション!
最高でした〜

お世話になった、いっちゃん、マユちゃん夫妻はじめ、
機材調達してくれてイカすギターを聞かせてくれたカツハルさん、
タイトな演奏でお客さんを湧かせていた対バンの7D-Mangoes、
DJ、Okayalright Good Friends、静岡チームの皆さん、
そして何より来て下さった大勢のお客さんに感謝です!!

静岡〜また呼んでくれよ〜ヤーマン!

今回の対バン7D-Mangoesイカした音を聞かせてくれます!
7D-Mangoes
http://7d-mangoes.com/

ライブ |


2012/10/15 (Mon) TCM静岡遠征!!

今月21日はTCMで静岡に行きます〜このメンバーでツアー行くのは初めて!
今から楽しみです!


3ee90fb0.jpg
2012.10.21(Sun) FUNK'N JAMHOUSE
~The Crash Mustard LIVE~

■インド料理 ジャンギール (駐車場・駐輪場有り)
静岡県静岡市駿河区新川1-1-25
TEL054-221-8841
http://www.at-s.com/gourmet/detail/1315.html

■OPEN/START 18:00
■CHARGE 2,500yen
(カレーバイキング付※なくなり次第終了)

■LIVE
●The Crash Mustard
http://crashmustard.blog.fc2.com/
変幻自在のディジュリドゥ奏者NATA、メジャーアーティストのレコーディング等で活躍する岡部琢磨(Bass)、フェス番長の異名を持つDachamboの屋台骨YAO(Dr)、“Great Triangle”ことcro-magnonの金子巧(Key)、様々なバックグラウンドを持つ4人から放たれる音はロック、パンク、ジャズ、ハウス、ファンク、ワールドミュージック等、あらゆる要素を昇華し未知のGROOVEを生み出す。今最も注目するべき最強カルテットThe Crash Mustard!!(experience Inc.代表 Naoki Kato)

●7D-Mangoes
http://7d-mangoes.com/

■DJ
Okayalright Good Friends

■INFO
fjh.ticket@gmail.com


準備を進めてくれている静岡チームに感謝しつつ、いい演奏を持っていけるように
精進しています!!お近くの方は是非足を運んで下さいね〜

28日は函館baseにて帰省ライブも予定しています〜こちらも楽しみ!
詳細は追ってお知らせします!

寒くなったり暑くなったり体調管理も大変だねぇ、、、オイラも今回の風邪、かなり手こずったな。
周りの仲間もひどい目にあってるし、皆さん家に帰ったら「うがい、手洗い」を徹底して下さいね〜

オイラの自慢は、今回の風邪で39度の熱の中ライブやり遂げた事だな。
マジ「死ぬかも」って感じた。

皆さんも気をつけてね〜ヤーマン!

ライブ情報 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。