--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/22 (Thu) 白いバラフォン?

日本でバラフォンを製作している人を何人か知ってるけど、先日「そしたらしたら祭」で出会った[倍音族]というアフリカンバンドのフミはまた違った発想の持ち主だ。

瓢箪の代わりに、風船を土台にして漫画のジャンプと半紙を張り合わせ共鳴器を作り、鍵盤には竹を使用。

言葉にすると、なんのこっちゃ分からないな、、、

写真を参考にイマジネーションを総動員してみんなトライ!
インドネシアには竹琴なるものが存在するが、その共鳴器は同質の竹筒を合わせる。

100417_1_convert_20100422071342.jpg

100417_2_convert_20100422071402.jpg

100417_3_convert_20100422071422.jpg

でも彼は共鳴器も一から手作り、、、

新しい感覚の同業者と話すのは久しぶりだったから、嬉しくて寒いなか話し込んでしまいました。

バラフォンを作る人(日本じゃめったに居ないけど)が考える事の一つに「生音をデカくしたい!」っていうのがある。例えばジャンベと演奏しても埋もれない音、、、だったりね。

電気を使わないで音量を上げたい。素材だけを素晴らしく上手にチューニングしてボリュームを最大限引き出したいって考えるはずなんだ。だって驚異的じゃん?

世の中に現存している「楽器」って呼ばれてるものって、今は当たり前の様に楽器屋にあるんだけど、元を正せば「発明品」の総称だよね?

それって完成品を見てるだけだと、最初に作った人の苦悩やプロセスなんかは分からない。でも実際に作ってみると 発明家と同じ目線で考える事が出来るし、その楽器の生い立ちや、もっと入り込むと一気にその歴史まで解る様になる、、、

オイラは楽器を作っていて何度もそんな感覚になった事があるから間違いない事実だ!

この探究心を信じて、みんなの心に響く楽器を作って行きたい、、、と、この出会いを通してまた新たに思った次第です。


時代はまた次の時代をつくる。だからいつも新鮮だ!

ヤーマン

スポンサーサイト

バラフォン |


2010/04/20 (Tue) 初フェスも終わり…

今日から京都でダチャンボの
Newアルバムのミックスが始まります。
100420_085333_convert_20100420181724.jpg
しかもこんなお洒落空間。遊びにくるかた大歓迎だよ~


そうそう、オイラの初フェスはヤーマンな人達に囲まれて楽しく幕をおろしました。

会場の設楽町は水と空気が澄んでいて心地好い所でした。昼と夜の寒暖の差が激しく、夜中はマイナスまで冷え込みましたが、その厳しい寒さが澄んだ空気を作り、夜空に満天の星を咲かせてくれました。

無数に広がる360度の美しい星達を見ていると、このくらいの寒さなんて我慢出来る、、、、、、訳もなく、、、北海道出身のくせに、やたら寒がりのオイラは小学校の教室で休ませて貰う事に。


それはそうと、今回もまた記録更新です。
二日で五回ライブをしました~

まず会場に着いてすぐに、アジア・ツアーを成功させて前日沖縄から帰って来た[モーフ]と久しぶりのセッション。
モーフ1_convert_20100420190410

パヤカのトオル君はカリンバと様々な効果音、スチールギターの宮下君、ベースの本間君、オイラはカホンで参加!楽しい時間を過ごしました。
モーフ2_convert_20100420190510

モーフ3_convert_20100420190536


そのあと夕方に2本目ライヴ。先日、MMW来日ライブでお世話になった[パヤカ楽団]に参加しました。今回はモーフと宮下君、Aファンクシンジケートの激シブギターのナカちゃんも参加。パヤカ楽団専属ギタリストのナオ君とイイ感じでJAMしてました。オイラはドラムとバラフォンで参加!アチコちゃんも美しくて素晴らしいファイアーアートを見せてくれました!
パヤカ2_convert_20100420190837

パヤカ3_convert_20100420190859

パヤカ4_convert_20100420190922


次の日は三本目で、いよいよソロ。快晴で暑い位!気持ちイイ時間帯で演奏させてくれた主催者のトシ君に感謝だな。こうみえて、ソロでのフェス初参加の新人なんで良い緊張感があったかな。

そんなオイラのセットはバラフォンと、バスドラのかわりに使用しているアフリカのゴメという四角い箱型の太鼓、 ハイハットに小さいシンバル二枚と、アフリカンベルといういつものやつ。
YAO1_convert_20100420191216.jpg

最近良く使う楽器達に囲まれ、いざ50分の音旅へ~
YAO2_convert_20100420191239.jpg

YAO3_convert_20100420191336.jpg

今回聞いてくれた皆さんナイスキャッチでした~
オイラはのびのびとエンジョイさせてもらいました。
YAO4_convert_20100420191414.jpg
みんな楽しんで貰えたかな?
YAO5_convert_20100420191447.jpg


続いて四本目、、、沼澤尚、辻コースケの超絶DUOにオイラのバラフォン!クロマニヨンのシゲのTシャツを着てプレイしたら撮ってもらった映像を見るとシゲも一緒に叩いてる様で面白い感じになっていました。
SHIGE2_convert_20100420193155.jpg

SHIGE_convert_20100420193131.jpg

それにしてもやっぱり楽しい~沼澤さん音でかいし、辻君グルーブしまくってるし、それに煽られてオイラもバラフォンでメロディーを紡ぎだしていく。二人に感謝でした~イイJAMあざーす!
DUO1_convert_20100420193432.jpg

DUO2_convert_20100420193453.jpg


そして五本目、、、この日急遽決まった地元のバンド[NOISE]とのセッション。このバンドにはオイラの大好きな先輩ドラマーのダイちゃん(マウンテンロッカーズで素晴らしい演奏してます!)がジャンベで参加していて、オイラはカホンをプレイ。前出のナカちゃん、辻君も加わり音が大きくなって来たところでダイちゃんドラムにシフト!やっぱりジャズが基本の人だからビシビシとアクセント付けてくるなぁ~。イイ時間あざーす!
NOISE1_convert_20100420193526.jpg

NOISE2_convert_20100420193547.jpg



と、気が付けば又してもオイラ叩KINGになっていました。
しかし叩いたなぁ、、、

今回もオイラをサポートしてくれたドライバー兼カメラマンの高橋君、ステージスタッフの皆さん、出店していた[パヤカ]、[ライオンのうた]、自前のティピでオイラの冷えた体を温めてくれたユウジン、静岡のスーパースター虹尾わたる、この祭に関わっている全ての皆さんに心から感謝してます。

そして主催者のトシ君、呼んでくれてありがとう!
また来年もこのステキなフェス[そしたらしたら祭]やってね~
そしてまた呼んで下さい!

YAO_L_convert_20100420191512.jpg
ヤーマン

ライブ |


2010/04/16 (Fri) ソロ活動

みなさんのおかげでバラフォンを聞いてもらえる機会が増えてきています。

まだまだ全然ポップじゃないけど「日本バラフォン普及連盟」の

会長を勝手に自負しているオイラとしては嬉しい限りです。

バラフォンのケースを特注で作ってもらったコトで行動範囲が飛躍的に広がりました。

先月は北海道でのライブの為に宅急便で送る事に成功!

1_convert_20100416163121.jpg

自作のバラフォンが初めて海を渡りました。

この時はDACHAMBOのオミちゃんと初の二人旅!

札幌在住の0312(流木デコレーション)「ハル君とゴッちゃん」の

ダブル誕生日ライブにお祝いの音を届ける事ができました。

この時のセッションはまだ記憶に残ってるほど楽しかったなぁ。

DACHAMBOで北海道に行く時は必ずお世話になっているドラム、パーカッションの

イデさんとは同い年!いつも艶やかなサウンドを提供してくれる大好きなプレーヤーの一人。

それから、プレーの奔放さはアフリカ人並?のタイガ君のジャンベが相まって強烈なグルーブ

を構築することができました。

このセッションはまたやりたいなぁ。

Human natureでのセット @ 宮越屋coffee
4_convert_20100416163513.jpg

札幌のまるちゃん宅のアート
3_convert_20100416163725.jpg



最近ではIZPONと元住吉のパワーズ2でやったDUOが印象的で楽しかった。

二人でスタジオに入ってリハーサルして当日に備え準備万端!

キューバ仕込みの訛りとグルーブ。。。たまりません!

これはまだまだ進化していく予感があるから、今回体験できなかった人は次回は是非!

アースコンシャスではSandiiBunbunのニューアルバムのレコーディングに参加。

これも貴重な体験でした。

タヒチの音楽を細部まで網羅しているサンディさん指導のもと、伝統楽器であるタヒチの

“トエレ”という名前のスリットドラム(丸太をくり抜いて、真ん中に切り込みを入れた木のドラム。

アフリカにもこれと同じ種類の太鼓があり、こちらは森の電報として使われている)の演奏をしたり、

タヒチの音楽のリズムをコピーしたりと新しい世界に連れて行ってもらいました。

このアルバムは来月5月18日にリリースされます。5月8日はCDリリース記念ライブが

原宿のクエストホールであります。是非遊びにきて下さいね~

そして忘れてはならないのが、名古屋のボトムラインでMMW来日でのオープニングアクトで

パヤカ楽団と演奏した事かな。心地よいボリューム感と良いバイブレーションでリハーサルから

意気投合!本番も楽しかったし言う事なし...でもパヤカ楽団の本拠地の浜松への帰り道、

トンネルの中でパヤカ号の前タイヤがパンク!!!

なんてドリフチックな展開!しかも大騒ぎの中若干一名車内で熟睡...

こんな感じで色々珍道中を繰り広げています。

遊びにきていたRYUDAIくんとベタに記念撮影。
2.jpg


そしてもっとバラフォンを普及させたいオイラはソロCDの製作に入りました!

録音もジャケ撮りもわずか2日で無事終了!すべて一発録り!

夏までには発売する予定です。お楽しみに~

や~まん!

バラフォン |


2010/04/14 (Wed) あいたたたッ!!!

またしてもスポンサー広告に使われてしまいました…
ブログ更新しない俺が悪いんだけどさ…

気を取り直して、告知です。
ソロライヴで野外フェスは、なんと初体験!
多数のアーティストたちとのミラクルセッションがあるよ~!
や~まん!!


 ◆◇◆◇◆◇◆

山×農×音×芸 フリーダム!
『そしたらしたら祭』
Earth Day OKUMIKAWA Art Festival '10

平成22年4月17日(土)・18日(日) 開場am10:00 《雨天決行!》
場所: 旧 名倉中学校(愛知県北設楽郡設楽町東納庫字ヲトシ山2ー2)

お祭り参加費
○ 1日券(当日券のみ)/ 土・日 各 ¥2,000
○ 2日通し券/ 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500
○ 設楽町の皆さんと中学生以下・60歳以上の方無料!
  (当日、確認できるものをお持ち下さい。)

出演アーティスト
17日(土)
音楽&パフォーマンス《11:00~20:00》
a-fank syndicate
VISHNUDATA
GENZ
ACHICO with パヤカ楽団
モーフの旅
倍音族
岸眞衣子

ワークショップ
廃油キャンドル作りワークショップ:
キャンドルアーティスト なおこ


18日(日)
音楽&パフォーマンス《11:00~20:00》
沼澤 尚 × 辻 コースケ
YAO
Shibaten
Jamming-U
蛮火炎
Nois
つちのこかぞく

ワークショップ
ベリーダンスワークショップ:ダンサー もっちゃん
ヨガワークショップ:ハートヨガセラピスト なおこ


2日間共通アーティスト
光と映像:
Naruyama(ライトショー)・WANBON(VJ)
ちろりろうそく(キャンドル)・瓢箪灯(瓢箪アート)

パフォーマンス:gin gira gin feat.KINOkO

ライブペインティング:走る絵師 神尾

MC:虹尾わたる

DJ:
DJ Nori
JiJi

写真展〈奥三河鳳来の里 寒狭川の四季〉:安江 邦幸

装飾:
Flower HeadLand・PSYCO69・YSORA(TIPI)・
Sakura Hanamise・地上の天国Creation

マッサージ&ヒーリング:アミダ堂

《その他のアーティストも増加中! 》

◎フリーマーケット
◎アートマーケット
◎飲食店
◎地元特産品ブース
◎ワークショップ
◎マッサージ
◎展示
◎トーク
◎上演会
◎学校でキャンプ! (会場敷地内にキャンプサイトが設けてあります。
テントや寝具は持参して下さい。BBQ可。トイレ・水場有。)

前売り券取扱い店
web: www.ragdoll-web.com
shop:
浜 松 Payaka【053-451-6906】
    sloWPorch【053-489-4663】
袋 井 亜ba茶【0538-44-1210】
新 居 Shaka Shaka【0535-94-6638】
豊 橋 ragdoll【0532-57-5088】
    TERRAPIN STATION【0532-23-5011】
    アムリタ【東田坂上】
豊 川 Tinga Tinga【0533-89-5802】
岡 崎 Paraiso【0564-57-8433】
西 尾 泥人ば~【0563-53-3800】
    ボブとけーすけ【0563-54-8448】
名古屋 Tribal Arts【052-848-3433】

総合案内〈そしたらしたら祭実行委員会〉
TEL. 0536-36-0570(代表/鈴木)
E-mail okumikawa_artfes@yahoo.co.jp
【公式blog】http://soshitara420.moeblog.jp/


<駐車場無料>

 ◆◇◆◇◆◇◆

そしたらしたら祭 HP
http://www.ragdoll-web.com/htm/shitarasai.htm

そしたらしたら祭 mixiコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4898569

ライブ情報 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。