--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/24 (Sun) YAO始動!

オーストラリアから帰ってきてすぐにダチャのリハーサル、道志村でのナチュラルハイ、

ROVO先輩のイベントで日比谷野音でのライブ、そして今年久々に新作を出す予定の 

アースコンシャスの曲作り合宿と、盛りだくさんの内容でまたサボってしまいました。

今回は気が付くのが早かったせいか、スポンサーサイトの魔の手から逃れることが

出来ました。まぁ、冗談はさておき、今年はいよいよ長年の計画の一つであった、

自分自身のソロ活動を本格的に始める年です。バンドの活動と平行して行うはず

でしたが、中々思うようにスケジュールが組めなくて、毎年机上の空論に終わって

いました。ところが、捨てる神あれば拾う神ありで、かの「濱ジャム」の主催者から

お誘いがありました。昨年から誘ってもらっていたのですが、中々都合がつかなくて

今年に持ち越しとなっていました。

どうせやるなら本来の自分が持ってるものを皆さんにお見せしたいと、曲作り楽器作りに

専念していました。しかも今回はオーストラリアの素晴らしいアーティスト

ワイルドマーマレードの来日初日のオープニングアクトという大役!

自覚と自信をもってこの日に臨みます。

さぁ、いよいよ俺が思い描いていた事が形となります。

この瞬間、皆さんお見逃しのないように。


2009年6月22日、YAO始動します!



                濱jam祭Vol.25
              Pulse of the Earth
               2009.6.22(MON)
               横浜サムズアップ
              Open19:00/Start20:00
 

 Live:  WILD MARMALADE(from ByronBay)

       YAO  (DACHAMBO/Earth Conscious/YAOAO)
  

 DJ:   SAMATA(横浜Grass Roots)
 
 VJ:   OVERHEADS

 SHOP: RAINBOW STONE


   


 TICKETS

       ADV¥3,000/DOOR¥3,500      150人限定


サムズアップは、横浜相鉄ムービル内の三階にあります。皆さんお誘い合わせの上、是非体験
しに来て下さいね!会場でまってます~

スポンサーサイト

ライブ情報 |


2009/05/12 (Tue) ご無沙汰です

昨晩オーストラリアから帰国しました。長いことブログ書いてなかったので、スポンサーの広告欄として使われてました(しょんぼり)。

一月なにがし更新してなかったんですなぁ...その間、ヨレヨレのリュウジのレコーディング(モーフの旅)に参加したり、dachamboで合宿に行ったりツアーしたり、yaoaoでツアーに行ったり、昔からの友人のレコーディングを手伝ったり、サボることなく毎日充実してました。唯一サボってたのがコレ。書きたくなかった訳じゃないのです。毎日あまりにも多くの事がありすぎて、うまく的を絞れなかったと言うか...そこで、一句...「気をつけよう サボった先は 広告欄」


あの夢以来オイラの創作意欲は増すばかりで今回のオーストラリア・ツアーに向けて新作を作っていました。その名も 「iro-fone」!鍵盤が鉄で出来てるバラフォンって意味。アイアン・バラフォン略して アイロフォン。それのシリーズ名は「オルタネーター・一号」。オルタネートって両手交互にって意味。
左右交互に叩くだけで音楽になっちゃう素敵な楽器です。


090503_143831y.jpg


しかも、今回はボックス型にしてみました。生音の音量が飛躍的にアップ!

箱型にしたのでマイク(振動マイクとかね)の取り付けもできて大音量で演奏可能!

でも、やっぱりdachamboではまだまだ実験を重ねないと音が埋もれてしまうんだよな。

民族楽器をエレクトリック化させるのは非常に難しい。こうなったらトコトン追求するぜ~

自分で言うのも何だけどアイデアはいいと思うんだよね。今度は軽量化とそれに伴う音量を

視野に入れて、また違う形にしてみます。

ね?ただサボってた訳じゃないでしょ?まだまだ進化させるぜ~!まぁ、こうなってくると

バラフォンとは言えないんだろうけど、いつか出来るであろうオリジナルの楽器を作るという

目標の第一歩になったと自負しています。

そんな感じでこれからも見守っていて下さいませ。



オーストラリアにて虹がヤバいっす!

0n90504_165414.jpg


大変お世話になりました!マコト君とジャンボ(身長約2メーター)デカッ!



p90511_095642.jpg





未分類 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。