--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/08 (Sun) 続・続何のお告げなの?完結編

 仙人との約束を果たすために、ひょうたんが付いていない奇妙なバラフォンを肩から担ぎ、オイラは足取り重くもと来た道を歩く...海岸の防波堤の小道を歩いていくと、あのおぞましい“魑魅魍魎”がいる部屋が近つ゛いてきた。風と波の音に混じって何か聞こえるので耳を澄ますと、ヤツらのうめき声とともに男の太い叫び声も聞こえる。彼の声だ...初めて聞くその声は威厳と品格を持ち合わせていて、この世の中のネガティブなコト全てを拭い去ってくれるようなものだった。でも、いったい何を叫んでいるのだろう?部屋に近つ゛こうとした瞬間
「ぐがぁああ..」

と化け物の一匹がドアを破って飛び出してきた!一瞬チラッとこちらを見たがすぐに中に入っていった。
「やべぇ、見つかったら何されるかわかんねぇ」とオイラは持っていたバラフォンを隠れミノにして路地にひそんだ。鍵盤と鍵盤の隙間から外の様子もうかがえる(感じとしては、石原裕次郎のモノマネをする祐太郎がブラインドを指で開け、チラッと外を見るような感じね!)。結構便利だなぁ...オイラはハッとした!そうなんだよ、もしこの楽器にひょうたんが付いていたら、これを盾にすることなんかは出来ないはずなんだ!もしかしたら彼はこの事を見越してオイラにこれを持たせたのかもしれない。でも、もしこれが彼に必要だったら...まぁ賢い彼のことだから、本当にもしこれが必要なら、おいらが届けた後に行動を起こすだろう。きっとそうだ!などと自分の都合のいいように解釈し少しだけ安心して壁越しに中の音をさぐる...耳だけが頼りだ。聞こえてくる...何かの呪文だろうか?

○△$%□#ZX“ビヨヨ~ン”%$”!~喝っ!!!」
※ビヨヨ~ンのところはバラフォンの音。


そしてもう一度


○△$%□#ZX“ビヨヨ~ン”%$”!~喝っ!!!」

すげぇ、これが噂に聞く悪魔祓いかっ!これにバラフォンの音が必要なのぉ?本当はこうやって使うんだぁ(夢だから)、しかも呪文の間に一音一発しか入れてねぇ...渾身の一発かぁ!!!それにしても演奏的には全然つまんね~な...まぁ、一応楽器に守られているけど絶対的に安全とはいえない状況の中、冷静に演奏を評価している勉強熱心なオイラ...(夢だから)。なかでは壮絶な仙人vs化け物の戦いが行われているというのに「仙人もっと叩かねぇかなぁ...」とか思っている呑気なオイラ(まぁ、夢だから)
隠れているだけじゃもったいないので、部屋の窓から中をのぞく決心をした。
室内では案の定凄まじい攻防戦が繰り広げられている!いったい何匹相手にしてるんだろう?なかには彼の呪文&バラフォンにやられ痙攣してるヤツ、飛ばされて天井や壁にめり込んでるヤツ、気絶して倒れているヤツもいる...威勢のイイものは彼に襲い掛かろうとするたびに例のビヨヨ~ンという音に跳ね飛ばされている。「バラフォンの音って、まるで光線ビームのような威力があるんだなぁ..あんなに吹き飛ばされてる...すごい威力だ!おおっ、また一匹気絶しちゃった...」
かなわないと思ったのか化け物達は彼を囲むように、じりじりとにじり寄っていく...その数約九匹!
「やばい、囲まれちゃった!」

しかし次の瞬間

「ビヨヨビヨヨーーービィーョオオオオン~」

ライフル銃を乱射するがごとく彼がバラフォンを連打した!吹き飛ばされる化け物達。オイラが覗いていた窓からも何匹かが窓ガラスを突き破ってオイラの頭上を越え外に投げ出されてきた。

「...終わったのか?」恐る恐る中を覗くと、彼は合掌し最後の仕上げのお経を唱えているところだった。
隠れミノに使ったバラフォンを肩から担ぎなおして、倒れている化け物達の間をすり抜けるように彼に近つ゛いた。

オイラ・・「なんのお力添えも出来ずに申し訳ありませんでした...あまりにも恐ろしすぎて隠れていました。」

仙人・・「.......役に立ったか?」


オイラ・・「?...じゃぁ、やっぱりこれはその為にあなたが用意してくれていたんですね?ひょうたんが付いていないのでおかしいなと思っていたんです」


仙人・・「...お前が来ることは分かっていたからな」


オイラ・・「....」

そんな会話をしていると、さっきまで化け物の姿をしていたヤツらが人間の姿に戻ってヨロヨロと立ち上がり、ゲロを吐きながら部屋をゾロゾロと出ていきはじめた。全て終了したのだ。


 と、ここでオイラの夢も終了....起きたばかりだというのにすがすがしく、なんとも幸せな気持ちで興奮している。いったい彼は何者なのか、何を伝える為に登場してきたのか、今後彼はオイラの師匠になるのか、弟子のオイラの活躍は?とか、色々な疑問があったのでもう一度寝てその真相を明らかにしたい!と思ったオイラの気持ちが少しでも伝わればうれしいなとおもいますが、なんせ夢の中のことなので、こうやって文章にまとめるとB級ホラー映画に少し毛が生えた(生えてもいないか?)ような感じになっちゃうのもいなめません。オイラにもう少し文才があればもっとリアルに伝えることができたのかもしれませんが、なんせただのタイコ叩きなもんでこのくらいで勘弁してください。

 


 バラフォンに限らず、この地球上に存在するどんな小さな楽器にも神話や言い伝えがあります。今回のこの夢で、自分が扱っているこの奇跡の楽器にたいしての畏敬、尊敬の念がさらに強力なものになり、この楽器を製作していく上で一つの道しるべになっていくような予感を感じずにいられない、手ごたえ(夢じゃ何の活躍もしてないけどね...恥)ある内容だった。これを(バラフォンの事)このままの形で伝えていくのはもちろんの事、現代の形に進化させていくことも任されているように思えるんだよなぁ。


このイメージを大事にして、自分の作品作りに生かしていきたいと思ってる今日この頃...。

読んでくれた人達に感謝!つまんね~よ、とか言わないでね~。結果は進化したバラフォンを作ることによって出していきますので。

                                            ヤーマン



スポンサーサイト

未分類 |


2009/03/06 (Fri) 続・何のお告げなの?

昨晩は前々日の高熱による「脳みそ沸騰」により集中力が続かずに断念してしまい面目ない。

さっそく続きいってみますか!


場所は雨が降る山の中。でもどこかのフェスの会場みたいなんだよなぁ。地面は履いているサンダルが持って行かれそうになるくらいのぬかるみ状態。雨のフェスを体験したことがある人ならきっとこんな経験したことあるはず。でも、そんな場所にもかかわらず寝袋にくるまって寝ている人がちらほらいて、それを横目に歩いていくと、なにやら巨大なギリシャ風の競技場(コロシアムか?)が目の前にそびえ立っている(さすが夢)。しかもさっきのぬかるみはどこへやら、地面は石畳に早代わり(さすが夢)。フェスから中世のヨーロッパに飛んじゃったよ~(さすが!自由自在)。

何なんだここは?とか思っていると、ガタイのいい仙人風の爺さん(普通仙人てカスミ食って生きているんだろうから痩せこけているイメージかもしれないけど、この人は違う)がとても長い、それこそ貸しボートくらいの大きさのバラフォンを片手に現れてそこに置いているのを発見!「やっべー、叩きたい」
でも、彼には何一つ隙がない。近つ゛こうものなら最後、なにされるかわからない...あきらめかけて下をみると「アレ?ぷぷぷ...大事なバチをぽろぽろ落としてんじゃん。世話の焼ける爺さんだなぁ」
彼のお茶目な一面をみたオイラは緊張もほぐれて「これをネタに近つ゛こう」と落ちているそれを拾い集めながら、彼のそばへ...まるでエサにつられてついて来ちゃった犬そのものだよなぁ。

オイラ・・「(軽い感じで)これ落ちてましたよ~、ヤバいっすねこのバラフォン。こんなデカイの見たことないっすよ~」

仙人・・「。。。。。。」

オイラ・・「。。。どこに置いておきますか?」

仙人・・(アゴをしゃくってバラフォンの上をさす)

さすが仙人、無愛想じゃん!なんかリアル~

オイラ・・「ちょっとだけ音聴きたいから、叩いてみてもいいっすかぁ?」

仙人は何も言わないでまたどこかへ行ってしまった。

オイラ・・「何にも言わないっつー事は、イイって事だな。よ~し...」

と勝手に解釈して拾ったバチでそっと音を出してみる。でも、夢だからか音の印象が全く無い...何回か叩いたんだけど、どういうわけかその音は記憶に残っていないんだよな。以前見た夢は鍵盤を叩くと一つ一つが滞りなく鳴っていた。今まで聞いたことの無いような、すばらしく荘厳な鼓膜のおくに鳴り響くあの音色はいまだに忘れられない。それは今でも自分で楽器を作るときのお手本にもなっているくらいなんだから。
しばらくすると彼は大小2台の楽器を携えて戻ってきた。それをオイラの近くに置くと、今まで叩いていたそれを掴みどこかへ移動するらしく...

オイラ・・「あの~、お手伝いしましょうか?」

その言葉に彼は振り向きもせず、サッサと次の場所へ歩いて行ってしまった。大小の大の方を持ち、オイラは彼の後を追いかける...しかし、その重いこと。バランスを保ちながらついていくと、海岸の防波堤の波打ち際にある細い道らしき所に彼の目的地があった。なぜかそこは昔の中国の家のような部屋になっていて(まぁ、夢だから驚くことでもないのかもしれないけど)いくつも机が置かれ、十数名の人達がワイワイやっている...なんだか教室のような感じだ。彼が置いた楽器の近くにオイラもかれにならって自分が運んできたそれを置いた。
‥すると突然、、、

「きゃはははは~」

オイラ・・「??????」

オイラは耳を覆った。なんて下品な笑い声なんだろう...かん高く不快感を感じるその声の主を見ようと振り返ると愕然となった...さっきの人達の姿が激変していた!眼球は白く、黒目の部分が無い...おまけに牙をむき出しにしてヨダレをだらだらと垂れ流し、どう見ても妖怪か、悪魔そのものになっていた。しかもそいつらは威嚇までしてくる。それでも彼は黙々と何かを始めるべく作業をしている。オイラは怖くなってしまって仙人に

オイラ・・「...残りの小さい方を持ってきます...」

と告げてその場所を後にした。一刻も早くそこから出たかった。体がガタガタ震えている。
来た道を戻りながら今見たものが一体何だったのかを頭の中で整理する必要があった。「持ってきますって約束しちゃったから、またあそこに戻らないといけないんだよなぁ..でも、二度とあんな恐ろしいところには行きたくない...」そして心のどこかでこう願っていた「これから取りに行くあのバラフォンが、誰かに盗まれていたらそれを理由にあんな場所にもどらなくてもすむのに...」
そう願いながらその場所に着くと、残念ながらそれは置かれたままだった。仕方なく肩に担いでみる。
「アレッ?ひょうたんが付いていない。」ひょうたんはバラフォンの心臓だ!それが共鳴器となりあの楽器独特の声を発する。でもこいつにはそれがない...彼が持ってきたときからそうだったのかは今は知るよしもなく、約束に従いただ運ぶことだけに専念することにする。

「行きたくない...。」



                                    続く

バラフォン |


2009/03/05 (Thu) 何のお告げなの?

不思議な夢を見ることがよくある。聞いたことはないけれど寝言もハッキリ大きな声で言うらしい(バンドメンバー談)まぁ、大体が怒ってるらしいのだが...

以前見た夢は、見たことの無いような美しいバラフォンをお寺から盗み出すというなんとも不謹慎極まりない内容。その夢がきっかけで、自身で楽器を作るようになったのだ。

この他にも「紐の結び方」とか「グルーブとは」など、普通の人があまり気にしないような内容なのだが、とにかくその時に知りたいことが夢に出てくるのだ。しかも大体合っているんだよなぁ...まぁ、常にその事を考えているのだから出てきて当然と言えばそうなんだけど。

でも、今回のは今までと少し違う。バラフォン関係なんだけどホラー映画っぽくもあり、なんとも形容の仕様が無い...しかも起きた時にすがすがしくもあり、「続きを見たいからもう一度寝よう」とまで思った...その位強烈な夢!でも昨日までさんざん寝てたわけで、二度寝なんか出来る訳もなく不思議なままひきずることになってしまった。

その夢の内容とは...




病み上がりのせいか疲れちゃったなぁ~続きはまた明日にしようかな。

すいません寝ます。

未分類 |


2009/03/04 (Wed) ご無沙汰でした!

YAOAOツアーも(もうかなり前ですが)無事に終わり、その後函館帰省、豪雪ジャム、アースコンシャスのリハ、濱ジャム、静岡金椿と駆け巡り、帰ってきたらまさかの知恵熱で寝込むなど、バラエティーにとんだ毎日を過ごしてまいりました。

みなさんもお変わりなくお過ごしでしょうか?でも、タイミングがいいと言うかこのタイミングでよくぞ上がってくれたね、俺の熱!あっぱれ!という感じで全てがリセットされたといいますか...ナイスデトックスな感じで、なんだかスッキリしました。人間、たまには休めよってことですね。思い起こせばここしばらく風邪知らずでした。去年一度食中毒風な症状を起こして以来の懐かしさ。あれ?オイラやっぱり馬鹿だったんだ!と思えるくらい健康で、ちよっとやそっとじゃ凹まない健康馬鹿だと思ってました。
ところがドッコイ静岡からの帰り道、からだの節々が痛い...ダルイ...あんなに楽しみなサービスエリアについても、バンドのバスの後部にあるセレブソファーで寝たきり状態でした。風に触れるたびに間接が痛むので、これが噂に聞く痛風っつーものか?いよいよオイラも仲間入り!とハラをくくって熱を計ってみるとなんと9度5分の高熱!人間なんで数字を見ると急に病人になってしまうんでしょう?
「なぁに、大したことねーよ!痛風?そんなもんツバ付けときゃなおるべ。ドーンと来い」かなんか威勢のいい感じだったのに数字見たとたんがーんとなってしまうこの素直なこと。こりゃダメだ、と約束してたレコーディングをキャンセルしてしまいました。情けないけど指の間接も痛くてたまらないのでパーカッショニストとして致命的でしょう。湯たんぽ入れてとっとと寝ちゃいましょう...ってなわけでまる二日寝てました。おかしなことに咳も出なければ喉も痛くないし、鼻水も出ないんだよなぁ。まぁ、恐ろしいほどの寒気はしたんだけどね。この感じ前にもあったけどよく子供が出す知恵熱だろうと判断しました。

?????


じゃぁ、馬鹿じゃねーけど子供か?オイラは...あ、その両方か?

まずは痛風じゃなくてよかったことにしておきます。

みなさんもこの寒暖の差に体調崩さないようにきをつけてくださいね~

日常 |


| TOP |

プロフィール

YAO

Author:YAO
(photo:KunihikoSasaki)
 
 ◆◇◆◇◆

打楽器奏者
松本“ YAO ”善行

幼少の頃から和太鼓を叩き始める。

1997~1998年には打楽器の宝庫・西アフリカ(セネガル、ガンビア、マリ、ブルキナファソ、ガーナ)へ単独武者修行の旅にでる。5ヶ国をまわるなかでバラフォン、ジャンベ、ゴメ、ペンペンソワ、カリンバ、サバールなどに出会う。それらでのライヴパフォーマンスを認められ、現地では冠婚葬祭の演奏を許されるまでになった。

打楽器奏者としての名“YAO”は、当時セッションを共にした音楽家たちから命名されたものであり、約一年かけたこの旅が、今現在のYAOの屋台骨となっている。

帰国後、様々なバンド活動・スタジオワークを経て、現在は日本が宇宙に誇るサイケデリック・ジャムバンドDachamboでのドラム&パーカッションをはじめ、民族楽器を中心としたトライバルジャムユニットEarth Consciousやその他様々なアーティスト達の活動に参加し、フジロック・サマソニ・ライジングサン、オーストラリアのEXODUS FESTIVAL・Woodford Folk Festivalなど国内外の多様な音楽シーンで活躍。

演奏者としての活動以外にも、楽器そのものの考案・製作・修復などを行う、まさに生粋の打楽器職人である。

2009年よりソロ活動を本格的に再開する。創意工夫を凝らした自作バラフォンや、カリンバとバラフォンからのインスピレーションで誕生した独自の創作楽器「アイロフォン」を用いた演奏は『天国の音』と各方面から賞讃を受けるなど、その万物を豊潤な世界へ導く独創的なLIVEは国宝級と評されている。

2012年には今までの活動に加え、The Crash MustardとThe Coxaの2バンドを新たに結成。音楽のジャンルやバンド形態というカテゴライズを超えたプレイスタイルでGROOVEを常に探求し続ける。

 ◆◇◆◇◆

連絡先はこちら↓
yaobalafon@gmail.com

 ◆◇◆◇◆
  

twitter

@2008_1107横浜THUMBSUP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。